メニュー閉じる

せっけんは何からできているの、どうやってつくるの

せっけんは何からできているの、どうやってつくるの

せっけんは、おもに油と苛性(かせい)ソーダを合わせてにつめて作ります。体をきれいにするせっけんが、じつは油からできているというのは、ちょっとふしぎな気がしますね。

せっけんに使われる油は、昔から、いろいろなものが使われてきました。良質(りょうしつ)のせっけんには、植物性の油が使われます。しかし、植物の油は、わりと値段(ねだん)が高いために、なるべく安い材料ということで、ヤシの実の油を使うことが多かったようです。そのほかには、魚の油や、動物の油なども使われていました。
油に苛性ソーダなどのアルカリ性のものをまぜると、固体のものができます。ふつう、このかたまったものを、せっけんといいますが、この状態(じょうたい)ではまだ使いにくいために、塩を加えて、純粋(じゅんすい)なせっけんだけを取り出すくふうをしているのです。塩を使って、まず純粋なせっけんを取り出し、それに、色のもとやにおいのもとなどを加え、最後に、型に入れてかためます。これでせっけんのできあがりです。

おうちの方へ

最近では、液状の合成洗剤が盛んに使われます。これは、石油を原料に化学的に合成されたものです。せっけんに比べ油を良く落とすなどの特徴がありますが、家庭などで大量に使われるため、環境汚染の問題も指摘されています。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP