メニュー閉じる

鉄はどうやってできるの

鉄はどうやってできるの

一言でいえば、鉄は、鉄鉱石(てっこうせき)という岩石を熱でとかして作ります。

しかし、この鉄鉱石には鉄だけではなく、いろいろなものがまじっているために、鉄だけを取り出すくふうが必要となります。
昔の人は鉄鉱石を炉(ろ)でどろどろにとかして、鉄を取り出していました。しかしとかしただけではいい鉄になりませんので、やはり今はもっと改良されています。
今の鉄の取り出し方は、まず、鉄鉱石と石灰(せっかい)、コークスを「高炉(こうろ)」というものに交互(こうご)につみかさねます。
次に高炉の下の口から約1200度の熱い空気を送って、中のものをとかします。石灰やコークスをまぜるのは、いっしょに入れると鉄が取り出しやすいという理由からです。そしてだんだんととけてくると、重い鉄は下にしずみ、ほかのものは上にういてきます。
このようにしてとけた鉄だけを下の方から取り出すのです。高炉は火に強い特別のレンガや鉄で表面をかこっているために、とける心配はありません。
こうしてできたとけたままの鉄を別の炉にとり、次にパイプで酸素(さんそ)をふきつけてやります。そうすると、鉄以外の余分なものが追い出されて「はがね」といわれるがんじょうな鉄ができあがるのです。この「はがね」を使って、いろいろな鉄の製品が作られています。

おうちの方へ

日本の製鉄は古来、鉄鉱石ではなく砂鉄を原料として発達し、たたらとよばれる炉で鉄が取り出されました。

PAGETOP