メニュー閉じる

テレビはどうやってつくるの、何からできてるの

テレビはどうやってつくるの、何からできてるの

テレビは、非常にたくさんの部品を工場で組み立てて作りますが、そのなかの主要な部品をいくつか説明します。

まず、テレビを作るのに一番大事な部品は、画面の部分です。これはブラウン管とよばれる大きなガラス瓶(びん)のようなものです。テレビの大きさの半分以上はブラウン管の大きさです。外から見ると画面はガラスまどのように見えますが、本当はこのブラウン管の一部分なのです。
テレビの中の、ブラウン管の一番奥のところには、懐中電灯(かいちゅうでんとう)のような形の装置(そうち)がとりつけられています。これは、電子銃(でんしじゅう)といって、電子の粒(つぶ)を画面にむけて発射(はっしゃ)する機械です。画面の内側には特別な薬がぬられていて、電子の粒が当たるとその当たったところが光るようになっています。こうしてテレビの画面がうつるわけです。
そのほかには、電線をまいたコイルや、トランジスタやLSIなどの、小型であっても重要な部品が、電線でつなぎあわされています。
組み立ては工場で行われますが、今はかなりの部分が自動的に組み立てられるようになっています。もちろん機械ではできない部分は人間が組み立てています。このようにしてテレビはつくられているのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP