メニュー閉じる

電池の中はどうなっているの(何が入っているの)

電池の中はどうなっているの(何が入っているの)

電池の中には、炭素(たんそ)・二酸化(にさんか)マンガン・塩化(えんか)アンモニウム・亜鉛(あえん)など、わたしたちにはふだんあまりなじみのないものが入っています。

まず、電池のまん中には、炭素でできた黒い棒(ぼう)が入っています。これがプラス極のはたらきをします。
この棒のまわりを、二酸化マンガンと塩化アンモニウムをまぜたものでかこみ、紙や布でまいています。さらにこのまわりを、塩化アンモニウム液をのりにまぜたものでつつみ、この外側を亜鉛板でかこってあるのです。そしてこの亜鉛板がマイナス極のはたらきをしています。これが電池のしくみです。
これをかんたんにいうと、電池の中は、黒い棒のまわりに黒い粉(こな)があって、それを紙でまいて、さらにそのまわりを金属でかこんであるということになります。
ところで、電池の寿命(じゅみょう)はかぎられています。それで、できるだけ長い間使えるようにいろいろなくふうがされているのです。たとえば、アルカリ乾電池というのは、中に塩化亜鉛を入れることによって、電池の寿命をずいぶんのばしています。このように中に入れるものをいろいろ変えて、長時間使えるようにくふうしているのです。

おうちの方へ

1800年イタリアのボルタは、酸などの水溶液に異種の金属板を入れると電流が発生することを発表しました。この発見により「ボルタの電堆(でんたい)」と呼ばれる最初の電池が発明されました。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP