メニュー閉じる

ねんどはどうやってつくるの

ねんどはどうやってつくるの

ねんどは作るものではなく自然の力でできるものです。

ねんどは砂粒(すなつぶ)よりももっと細かい粒でできていますが、これはもともとは火山の爆発(ばくはつ)などでできた溶岩(ようがん)や火山灰(かざんばい)なのです。それが長い間かかってその一部分が風にふかれ、どんどん細かくなり、雨や川、海に流されて1か所に集められ、だんだんとつみかさなってできたものなのです。
つみかさなっているうちに、地面の力や重さで強くおされていきます。ここには大きな岩ももちろんありますが、石やジャリ、砂そして一番細かいねんどがふくまれているのです。
そしてかなり長い時間がかかって、砂がさらに小さい粒になったものや、動物の骨や植物のくさったものがつみかさなり、非常に細かい粒であるねんどができあがります。
わたしたちは、こうして自然が作りあげたねんどを利用しているのです。

おうちの方へ

紙粘土は、新聞紙などを細かく切って水につけ、どろどろのパルプ状にしたものに粘着材を加えて粘土状にしたものです。また、最近は植物を材料としてつくられた粘土もあります。

PAGETOP