メニュー閉じる

ピアノはどうして音がでるの

ピアノはどうして音がでるの

ピアノの中には、ピアノ線とよばれる針金(はりがね)のような線がたくさん張(は)られています。

この線は長さや太さがそれぞれちがっていますが、この線の長さや太さをかえることによって音の高さをかえているのです。そして、この線は、ピアノの鍵盤(けんばん)の数だけ張られています。
ピアノの鍵盤をたたくと、鍵盤につながったハンマーが動いて、それぞれのピアノ線をたたきます。そして、音がでるというしくみになっています。ギターの弦(げん)を指やつめではじくと音が出ますが、ピアノでは、弦を指やつめではじくかわりに、小さいハンマーでたたくことによって、音を出しているのです。
しかし、小さなハンマーで弦をたたくだけではあまり大きな音は出ません。そこで、大きな箱をかぶせて、その中の空気をいっしょにふるわせて音を大きくしているのです。
音の出るしくみはグランドピアノも、縦形(たてがた)のアップライトピアノも同じです。ただ弦が横に張ってあるか縦に張ってあるかがちがうだけです。

おうちの方へ

電子ピアノ(電子オルガン、エレクトーン)は、ピアノとは全く違い、電気的に振動を作りだし、その電気振動でスピーカーを鳴らして音を出しています。

PAGETOP