メニュー閉じる

ビデオテープはどうしてテレビが録画できるの

ビデオテープはどうしてテレビが録画できるの

動いて見えるテレビの画面は、じつは1秒間に30枚もの止まった絵をうつし出しているものです。

この1枚1枚の止まった絵は、500本以上の「走査線」とよばれる光の線からできています。そして、この1本の走査線が、また非常に多くの光の点からできているのです。
つまり、テレビの画面というのは何十万という光の点からできているというわけです。
この1つ1つの光の点を、電気の信号に変えてテープに記録するようにしたものが、ビデオテープです。しかし、画面が1秒間に30も送られてくるために、電気の信号の数は、とてつもなく大きな数字となってしまいます。
このぼう大な電気の信号は、テープにぬられた「磁性体(じせいたい)」というものに記録されています。
磁性体とは、かんたんにいえば「磁石」のことです。テープの表面には1ミリの何万分の1というような細かい磁石がすき間なくぬられているのです。
テレビの画面をつくっている光の点は、電気の信号に変えられて録画ヘッドというところにきます。ここの前をテープが走っているのですが、そのとき電気の信号が小さな磁石のNやSの情報に変えられて、テープの上に記録されるというわけです。
テレビの音も、同じようなしくみで記録されています。そして、ビデオを見るときは、再生ヘッドというところが、磁性体に記録された信号を読みとり、絵や音にもどしてくれているのです。

PAGETOP