メニュー閉じる

プラスチックは何からどうやってつくるの

プラスチックは何からどうやってつくるの

食器、文房具、おもちゃ、電気製品……。プラスチックでできたものは、たくさんあります。しかし、ひとくちにプラスチックといっても、いろいろな種類のものがあるのです。

ポリエチレンや塩化ビニールやメラミン樹脂(じゅし)など、よく耳にするプラスチックとよばれるものは、現在ほとんどが石油から作られています。
しかし、正確にいうと石油からできたものだけがプラスチックというわけではありません。プラスチックのことを、合成樹脂(ごうせいじゅし)といいますが、世界で初めての合成樹脂はベルギーのベークランドという人が作ったベークライトというものです。
これは、石油ではなく、石炭酸(せきたんさん)というものから作られていました。その後、石炭を原料にナイロンやビニロンが作られるようになり、さらに石油を原料にした、ポリエチレンや塩化ビニールなどのプラスチックが作られるようになったのです。
石油から作られたプラスチックは、値段(ねだん)が安くてとても便利ですが、ひとつ大きな問題があります。プラスチックは、自然のなかに捨てられても分解せず、ゴミとしていつまでも残り続けるということです。
そこで今では、石油以外のものを原料にして、自然のなかでくさって土にもどるプラスチックを作る研究が行われています。

PAGETOP