メニュー閉じる

本はどうやってつくるの

本はどうやってつくるの

本にもいろいろな種類があります。たとえば、すべて文字の本、絵本、写真集、まんがなどです。

質問の本がどのような本なのかわかりませんが、本を作るには、原稿(げんこう)となる文章や、絵、写真などがなければなりません。また、その原稿が、人々に「この本、読んでみたいな」と思わせるような魅力(みりょく)のあるものでなければなりません。
そのために、表紙にきれいな絵や写真をのせたり、本の題名にもくふうをこらしたり、中の文章もおもしろさをますために何度も書き直しをしているのです。
このような仕事は、執筆者(しっぴつしゃ)、出版社の編集者、イラストレーター、そのほかにカメラマン、デザイナーなどたくさんの人たちの共同作業です。
これを本にするには、まず文章の部分を活字にして、文字のまちがいをチェックし、もしまちがいがあった場合は直さなければなりません。これを校正(こうせい)作業といいます。そして絵や写真も印刷し、印刷された紙をたばねて、とじて本の形にしていきます。これは、印刷会社と製本会社の仕事になります。
このように多くの人たちが、いろいろな仕事を分担(ぶんたん)して、ようやく1さつの本ができあがることになるのです。
まんがの本1さつにしても、それができるまでには、たくさんの人が関わっているのです。

PAGETOP