マッチはどうして火がつくの

マッチはどうして火がつくの

マッチというのは、軸(じく)の木と赤い頭の部分からできています。しかしこれだけでは火はつきません。

もうひとつ大事なものは、マッチの頭をこすりつける茶色の紙なのです。軸の木、頭の赤、茶色の紙の3つがそろっているマッチのことを、安全マッチとよんでいますが、この安全マッチに火がつくひみつは、あの赤い頭と茶色の紙にあるのです。
まず、頭の赤い薬ですが、これには、大きく分けると、6つの役目をする薬がまぜてあります。酸化剤(さんかざい)、可燃剤(かねんざい)、調整剤(ちょうせいざい)、膠着剤(こうちゃくざい)、着色剤(ちゃくしょくざい)、耐湿剤(たいしつざい)の6つです。
かんたんにいうと、火がつくための薬と、薬がばらばらにならないようにかためる薬、色をつける薬、しめらないための薬などです。
この中で、マッチに火がつくのに大事なのは、燃えやすいという性質をもった薬です。マッチでは、この薬に硫黄(いおう)や、松ヤニなどが使われています。
次に、茶色の紙ですが、これには、ものに火をつける役目をするリンが使われています。頭の赤い部分と茶色の紙を強くこすり合わせると、熱が生まれます。この熱が、火をつけるのです。
ところで、昔のマッチには、茶色の紙がなく、どこにこすりつけても火がつきました。その方が便利なように思えますが、それではあまりにも危険です。そこで今は、世界のほとんどの国が、この安全マッチを使っているのです。

PAGETOP