メニュー閉じる

テレビのリモコンはどうして遠くからそうさできるの

テレビのリモコンはどうして遠くからそうさできるの

テレビからはなれていても、チャンネル切りかえや、ボリューム調節ができるリモコンは、ほんとうに便利です。

しかしあのリモコンから、音が出るわけでもなく、目に見える何かが出ているわけでもありません。いったい何がスイッチを動かしているのか、とてもふしぎです。これは、ふつう赤外線(せきがいせん)とよばれるものが使われているのです。
赤外線というのは、人間の目には見えない光と考えてください。リモコンのボタンをおすと、リモコンから赤外線が出ます。それがテレビの本体にある赤外線を受ける部分に当たって、中の装置(そうち)がはたらき、チャンネルをかえたり、スイッチを切ったりするしくみになっています。
赤外線は光であるため、当然テレビとの間に何かさえぎるものがあると、進むことはできません。テレビの前に人が立っていたために、チャンネルがかわらなかったことは、だれにでも経験があるでしょう。
赤外線を受ける部分はほとんどテレビ画面の下の方にありますから、その前に物を置かないなどの注意が必要です。

PAGETOP