メニュー閉じる

冷蔵庫はなぜ物をひやすことができるの

冷蔵庫はなぜ物をひやすことができるの

冷蔵庫の話をするまえに、まず注射(ちゅうしゃ)をされるときのことを思い出してください。

注射をするとき、医者や看護婦(かんごふ)さんは、わたしたちの肌(はだ)をアルコールでふいて消毒(しょうどく)をします。そのとき、すうっと肌がつめたく感じるはずです。これは、アルコールが蒸発するときに、肌から熱をうばうからなのです。
冷蔵庫がひえるのは、このような性質を利用しています。ただしこれまでの冷蔵庫は、アルコールではなくフロンガスを使ってきました。今、地球のオゾン層をこわすとして大きな環境問題になっている、あのフロンガスです。
フロンというのはとても便利なもので、液体から気体にすぐに変化し、また気体から液体にもかんたんに変化することができます。
このフロンが、冷蔵庫の中と外のパイプの中を回っています。冷蔵庫の中のひやさなければならないところでは、液体のフロンを蒸発させて熱をうばい、また、蒸発した気体のフロンが冷蔵庫の外にきたときには、今度はこれを液体にかえてるのです。そうすると、冷蔵庫の中からうばわれた熱が、パイプのまわりの空気ににげていきます。このようにして、フロンが冷蔵庫の中の熱を冷蔵庫の外に運び出しているのです。こうして冷蔵庫の中の空気はひやされています。
肌をふくとき蒸発したアルコールを、またつかまえて液体にして、それでまた肌をふく……というようなことを、冷蔵庫はパイプの中で自動的にくりかえし行っていると考えればいいのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP