メニュー閉じる

ジェットコースターはどうして落ちないの

ジェットコースターはどうして落ちないの

ジェットコースターは、高い場所からいきおいをつけて、長い距離(きょり)をのぼったりおりたり、ときには、輪(わ)をかくようにさかさまになったりします。

とちゅうで落ちるのではないかと、こわくなることもありますが、実際には、落ちることはありません。
たとえば、水を入れたバケツを手でグルグルとふりまわしたとします。速くまわしているときは、水はさかさまになっているときでもこぼれませんが、まわし方がおそいと、水はこぼれてしまいます。
ジェットコースターも、このバケツの中の水も、同じりくつです。円の形に動いている場合、速くまわっていると中心からはなれようとする力が大きいために、落ちてこないのです。
もちろん、スピードがおそくなると、バケツの水と同じで、ジェットコースターも下に落ちてくるはずです。それでは大事故になりあまりにも危険です。それで、ジェットコースターは、万が一のときにも絶対に落ちないように、車輪の下にレールとジェットコースターをつなぐ安全装置(あんぜんそうち)がついているのです。

PAGETOP