メニュー閉じる

アイスクリームはどうしてとけるの

アイスクリームはどうしてとけるの

アイスクリームは、ひやして作るものですから、そのまま、とけないで置いておくためには、いつもひやしておかなければいけません。

アイスクリームは氷のなかまと考えてもらえばいいのです。
ですから、冷凍庫(れいとうこ)の中ならば、ちょうどいい低い温度なのですが、温度が、高いところに出されてしまうと、まわりの空気で、少しずつ温まり、外側の方から、だんだんとあわのようにやわらかくなってしまうのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP