メニュー閉じる

あめはなめるとどうしてとけるの

あめはなめるとどうしてとけるの

あめ以外にも、チョコレート、ケーキ、ビスケット、ようかん、プリンなど、あまいものはじつにたくさんあります。

これらのあまいものに共通して入っているものが砂糖(さとう)です。
とくにあめの場合は、ほかのものとちがって、ほとんど砂糖だけで作られています。
砂糖を温めて、形を変えたものがあめなのですから、それを口に入れると、口の中の温度やつばのしめりけなども加わり、あめにだんだん熱が伝わって温まり、とけてしまうというわけです。なにしろ、もともとが砂糖だけでできているわけですから人間の体温くらいの熱でも、かたまっていたものがとけ出していくのです。つまり、あめをなめるととけるのは、なめるときに、あめに体の熱が伝わるからということになります。

PAGETOP