メニュー閉じる

ガムは何からどうやってつくるの

ガムは何からどうやってつくるの

ガムは、アメリカに大昔から住んでいた人たちが考えた食べ物です。

この人たちは、もともとサポディラという木の樹脂(じゅし)をかむ習慣(しゅうかん)があったのですが、これを、ヨーロッパからやってきた人たちがまねをして広がったのがガムのはじまりです。
ガムのもともとの原料は、サポディラの木からとったチクルというものです。このチクルに、あまい味や、いいかおりのもとを入れて作ったのがガムなのです。
しかし、最近では天然(てんねん)のチクルのかわりに、別のものを使っています。たとえば、プラスチックの仲間のサク酸ビニール樹脂というものをもとにして、色をつけたり、味をつけたり、においをつけたりしています。
今、わたしたちがかんでいるガムは、ほとんどがプラスチックのなかまに味をつけたものなのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP