メニュー閉じる

ガムはどうしてのびるの

ガムはどうしてのびるの

ガムがのびる理由は、ガムの原料であるサポディラという木からとれるチクルというものに、のびたりちぢんだりする、弾力性(だんりょくせい)という性質があるからです。

この弾力性がどうして存在するのかは、かなりむずかしいことです。かんたんに説明すると、チクルを作っている分子(ぶんし)というつぶのつながり方にひみつがあるのです。チクルの分子は、のびちぢみができるような構造(こうぞう)をしています。そのため弾力性がうまれてくるのです。
最近は、サポディラのかわりに、プラスチックの仲間であるサク酸ビニール樹脂(じゅし)とよばれるものが使われています。これにも弾力性があるために、チクルと同じように、のびたりちぢんだりができるのです。

PAGETOP