メニュー閉じる

牛乳を温めるとどうしてまくがはるの

牛乳を温めるとどうしてまくがはるの

このまくの正体は、牛乳の中に入っている脂肪(しぼう)です。

ふつう、牛乳の中の脂肪は、細かいつぶの状態(じょうたい)で牛乳の中に入っています。これを温めると、そのつぶがおたがいにくっついて大きくなるのです。こうしてできた脂肪は、水よりも軽いために表面にうき上がってきます。するとうき上がった脂肪は、牛乳の中のタンパク質とくっついて、うすいまくになるのです。
このまくができるのは、温度がおよそ60度から65度くらいのときです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP