メニュー閉じる

牛乳はどうして白いの

牛乳はどうして白いの

牛乳はおもに、タンパク質、脂肪(しぼう)、炭水化物(たんすいかぶつ)、無機質(むきしつ)、水分などからできています。

またビタミンも、少量ですが入っています。タンパク質には、10種類もある大切なアミノ酸が、すべてふくまれているのです。そのうえ、牛乳は、非常に消化のいい食品ですから,吸収(きゅうしゅう)もよく、栄養をとるにはとても都合のいい食品です。
このたくさん入っている栄養素(えいようそ)の中で、色に関係しているのは、脂肪とタンパク質のふたつです。このふたつの栄養素は、光を乱反射(らんはんしゃ)します。光は乱反射すると白く見えるのです。
雲や雪が白く見えるのも、光が乱反射しているからです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP