メニュー閉じる

ケーキはどうやってつくるの

ケーキはどうやってつくるの

ケーキには、いろいろな種類があります。ここでは、誕生会(たんじょうかい)やクリスマスでよく見かける、デコレーションケーキの作り方をしょうかいします。

まず、ケーキの土台になるカステラをつくります。卵をよくあわ立てて、砂糖(さとう)とかおりのもとを入れ、次に、小麦粉(こむぎこ)を入れてまぜあわせ、それを、型に流しこみます。これを、180度くらいのオーブンで、約30分から40分かけてゆっくりと焼きます。焼きあがったら、型から取り出し自然にさまします。
このカステラをショートケーキのようにかざるには、生クリームに砂糖を入れて、あわ立てたものを表面にぬりつけ、残りは、ふくろに入れてしぼり出し、イチゴなどといっしょにかざりつけをします。この場合、生クリームではなく、バタークリームを使うこともあります。
いずれにしてもケーキ作りの基本は、第一に、土台のカステラをじょうずに作ることです。これが一番大切です。そして、その土台の上に、クリームをぬり、最後に、イチゴやオレンジのフルーツなどをかざりつけていけばいいのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP