メニュー閉じる

こんにゃくは何からどうやってつくるの

こんにゃくは何からどうやってつくるの

こんにゃくの材料は、コンニャクという植物の地下の球茎(きゅうけい)の部分です。

このコンニャクの球茎の部分を、こんにゃくいも、またはこんにゃく玉とよんでいます。こんにゃくは植物の茎(くき)から作られているのです。
こんにゃく作りは、まず、このこんにゃく玉をほり出すところから始まります。次に、このこんにゃく玉を、切って、ほして、うすで粉にします。そのあと、ふるいにかけて、かたくて重い粉だけを取り出すのです。そして、熱湯を加え、強くかきまぜて、30~40分そのままにしておきます。
30~40分ほどたってから、ねばり気が出てきたら、石灰(せっかい)を入れ、もう一度かきまぜて、型に入れます。その後、さらに約1時間、そのままにしておきます。最後に、熱湯の中で固まらせ、冷たい水にとって、よぶんなあくをぬくとできあがりです。こんにゃくは意外と作るのに手間がかかる食べ物なのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP