メニュー閉じる

お酒はどうやってつくるの

お酒はどうやってつくるの

お酒の作り方は、大きく3つに分けられます。まず、ワインに代表されるお酒の仲間です。

これは、くだもののしるを発酵(はっこう)させて作ります。
発酵とは、酵母(こうぼ)や細菌(さいきん)で、でんぷんや糖分(とうぶん)を分解(ぶんかい)し、ほかのものにつくりかえてしまうことをいいます。この場合、酵母や細菌が、果汁(かじゅう)をアルコールにつくりかえているのです。
次に、醸造酒(じょうぞうしゅ)といわれる、日本酒やビールなどのお酒です。これは、米やオオムギなどの穀物(こくもつ)の中にあるでんぷんを酵素(こうそ)によって、まず糖分に変化させ、その後で、発酵をさせて作っています。
最後に、焼酎(しょうちゅう)、泡盛(あわもり)、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム酒などの仲間ですが、こういったお酒は、アルコールをふくんでいる液を温めて、蒸留(じょうりゅう)という方法によって、非常にこいアルコールを取り出したものです。これらのお酒はこのような作り方をするので、蒸留酒とよばれています。
このようにお酒と一口にいっても、作り方や種類がいろいろあるのです。

PAGETOP