メニュー閉じる

塩はどうしてしょっぱいの

塩はどうしてしょっぱいの

しょっぱい、あまいなどの味は、舌(した)で感じています。舌には、味を感じる細胞(さいぼう)がたくさんあるのです。

しょっぱい味を感じる細胞は、舌の奥の方にあります。塩を少しずつ舌のいろいろな所につけてみましょう。特にしょっぱく感じるところがあるはずです。
このように、塩は舌の上のしょっぱさを感じる細胞を刺激(しげき)します。そのため、人間はしょっぱいと感じるのです。
さとうは、しょっぱさを感じる細胞にさわっても、その細胞を刺激しません。したがって、さとうをなめてもしょっぱいと感じないのです。そのかわり、さとうはあまさを感じる細胞を刺激するのです。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP