メニュー閉じる

食べ物はどうしてできたの

食べ物はどうしてできたの

すべての食べ物は、最初から食べ物としてそこにあったものではありません。人間が必要なものとして食べるために、食べ物になるわけです。

たとえば、マグロやサケは、本来は人間の食料になるために生きているわけではありません。たまたま地球に生きているものを人間が食べているから、食べ物という言い方をされているわけです。これは、魚にかぎらず動物や野菜にもあてはまることです。
しかし、なかには人間が食べるために改良されたり、飼育(しいく)されているものはあります。牛肉になるウシは、すべて人間がそのためだけに飼育しているウシですし、ダイコンやタマネギなどの野菜も、人間が食べるためだけに栽培(さいばい)されています。
このように考えると、食べ物はすべて最初は地球にもともとあったものであることがわかります。それを後から人間が自分たちに都合のいいように改良したりしているというわけなのです。チョコレートやアイスクリームのようなものは、もともとはなかったものですが、これも、いろいろな材料を組み合わせることによって人間が発明したものなのです。

PAGETOP