メニュー閉じる

炭酸のジュースを飲みすぎると歯や骨がとけるって本当

炭酸のジュースを飲みすぎると歯や骨がとけるって本当

骨はカルシウムからできています。カルシウムというのは、人間が生きていくために絶対(ぜったい)必要なものです。

しかし、人間の体の中にはカルシウムを作るところがないので、必ずカルシウムの入っている食べ物をとることによって、この栄養(えいよう)をとらなければいけません。カルシウムのたくさん入っている食べ物は、牛乳(ぎゅうにゅう)、小魚などです。
ところが、こういうものをいっさい食べず、カルシウムが足りなくなってしまうと、大変なことが起こります。人間の体は、どうしてもカルシウムを必要としていますから、いよいよになると、自分の骨をとかしてカルシウムをおぎなおうとするのです。
こうなると、骨はどんどん細くなり、そして弱くなってしまいます。骨折(こっせつ)しやすくなるのも、これが原因(げんいん)の場合も多いのです。
では、炭酸(たんさん)のジュースを飲むと骨がとけるのでしょうか。そんなことはありません。これは炭酸のジュースばかり飲んでいて、まったく牛乳を飲まなくなることを心配しているのです。つまり、カルシウムの入っているものを食べずにカルシウム不足になると、骨が弱くなるということなのです。

PAGETOP