メニュー閉じる

チョコレートはどうしてあまいの

チョコレートはどうしてあまいの

チョコレートのあまさのもととなっているのは砂糖(さとう)です。チョコレートがあまいのは、中にたっぷり砂糖が入っているからなのです。しかし、チョコレートはもともと、あまいものではありませんでした。あまいどころか、昔のチョコレートは、薬のようなにがい飲み物だったのです。

チョコレートは、カカオという木の種をどろどろにすりつぶして作りますが、このカカオの種にはまったくあまみがありません。このにがいチョコレートは、今から500年ほど前までは、現在のメキシコのあたりに住んでいた人たちだけが飲んでいたものでした。しかし、これを飲むと元気が出るというので、メキシコを征服(せいふく)したスペイン人が国に持ち帰り、それがヨーロッパに広まったのです。
そのうちに、砂糖を入れて飲む方法も出てきて、やがて、ミルクを入れてまろやかな味にしたり、型に入れて板チョコを作ったりするようになりました。
つまりチョコレートは、はじめは、大人が元気を出すために飲む、ドリンク剤(ざい)のようなものだったのです。

PAGETOP