メニュー閉じる

なっとうはどうしてねばねばして糸をひくの

なっとうはどうしてねばねばして糸をひくの

なっとうは、ゆでたダイズになっとう菌(きん)という細菌(さいきん)をふきつけて作ります。細菌といっても、このなっとう菌は、病気を起こしたりする細菌の仲間ではなく、人の役に立つ、良い細菌です。

この細菌は、自然の中では、イネのわらの中などにいます。なっとう菌をふきつけたダイズを、42度ぐらいのところに約16~18時間置いておくと、なっとう菌のはたらきでなっとうができます。
ねばねばした糸も、このなっとう菌が作り出したもので、おもにガンマーポリグルタミン酸というものからできています。

PAGETOP