メニュー閉じる

バターはどうやってつくるの

バターはどうやってつくるの

バターは、牛乳(ぎゅうにゅう)の中の脂肪分(しぼうぶん)、つまり油だけをより分けて固めたものです。その方法は、まず牛乳の入った容器(ようき)を速いスピードでグルグルと回転させます。

これで牛乳は脂肪分の多いクリームと、脂肪分の少ない脱脂乳(だっしにゅう)とに分かれます。このようにしてできたクリームを、しばらくねかせておき、そのあとまた、急速にかきまぜると、脂肪分が集まってかたまりができるのです。これがバターです。
しかし、このかたまりには、まだ脂肪分以外にも、バターミルクがふくまれています。そこで、これに冷たい水をかけて、バターミルクを洗い流し、よくねると完全なバターができあがります。
バターには、ふつうパンにぬったり料理に使う、塩を加えたバターと、ケーキづくりなどに使う、まったく塩気のない無塩バターがあります。バターは、わたしたちがいつもよく食べている、ケーキ、パイ、ビスケット、クッキー、キャンデイーなどのほか、シチューやグラタン、カレー、ステーキなどにも使われており、今やバターは、おいしいものを作るときにかかせないものとなっています。

PAGETOP