メニュー閉じる

はちみつはどうやってつくるの

はちみつはどうやってつくるの

はちみつは、ミツバチによってつくり出されます。ふだんわたしたちが食べているはちみつは、ミツバチを専門(せんもん)に飼(か)っている人によって飼育(しいく)されたミツバチが集めたものなのです。

このミツバチを飼っている養蜂家(ようほうか)とよばれる人たちは、はちみつに適した花のたくさんある場所をさがして、巣箱(すばこ)といっしょに日本中を旅しています。
ミツバチは、草や木の花から花へと飛び回って花のみつを集めます。そして、そのみつにミツバチは自分の唾液(だえき)、つまりつばをまぜていきます。すると、花のみつが少し変化し、あのはちみつができあがるというわけです。ミツバチたちは、そのはちみつをせっせと巣に運んで食料としてたくわえます。人間は、そのはちみつを食べているのです。

PAGETOP