メニュー閉じる

パンは何からどうやってつくるの

パンは何からどうやってつくるの

パンは、小麦粉(こむぎこ)、塩、水、そしてイースト菌(きん)の、この4つの材料があればつくれます。この4つは、ほとんどのスーパーマーケットなどで売っていますから、家庭でも、かんたんに自家製パンをつくることができます。

では、パンのつくり方をかんたんに説明しましょう。まず、パン用の小麦粉(強力粉)に水とイースト菌を加え、塩を少し入れて、十分にこねます。手でこねるときは、15分から20分ほど、かなり力を入れてよくこねてください。こねる作業が終わったら、それを丸めて、温かくて湿度(しつど)の高いところにしばらく置いておきます。しばらくすると、イースト菌のはたらきでこねた小麦粉がふくらんできます。これを発酵(はっこう)といいますが、ふつうは、これをまたつぶして、形を整えたり型に入れたりして、もう一度同じように発酵させる作業を行います。そして、よくふくらんだところで、これをオーブンに入れて約200度の温度で20~30分焼きます。そうすると、あのふっくらとしたパンができあがるのです。
家でパンをつくるときは、小麦粉をこね始めてから、焼きあがるまで、約8時間と考えてください。ここで紹介(しょうかい)したものは、パンの基本ですが、味をおいしくするために、塩と水のほかに、牛乳(ぎゅうにゅう)や砂糖(さとう)、卵(たまご)、バターなどを小麦粉にまぜることもあります。なれたらいろいろためしてみるのもおもしろいでしょう。

PAGETOP