メニュー閉じる

ビールはどうしてあわがでるの

ビールはどうしてあわがでるの

ビールのあわの正体は、炭酸(たんさん)ガス、つまり二酸化炭素(にさんかたんそ)です。ビールのびんの中には二酸化炭素がいっぱいにつまっていて、せんをぬいてグラスにつぐとあわがあふれ出てくるのです。

この二酸化炭素は、人間がビンの中に入れたものではありません。サイダーなどは、あまい水といっしょに二酸化炭素もびんにつめていますが、ビールの二酸化炭素は、ビールが作られるときに自然にできるものなのです。
ビールはおもに、大麦(おおむぎ)と、醗酵(はっこう)させるための酵母(こうぼ)、そしてかおりをつけるホップからできています。このなかの酵母が、大麦のなかにふくまれる糖分(とうぶん)を、アルコールに変えて、ビールができるのです。そして、このときに酵母から二酸化炭素が出てくるのです。
この二酸化炭素をにげないようにしてびんにつめてあるために、あわがでてくるのです。そのうえ、大麦の中にふくまれるタンパク質やホップにふくまれるルブロンという樹脂成分(じゅしせいぶん)があわを消えにくくしているため、サイダーなどとちがってビールのあわはなかなか消えないのです。

PAGETOP