メニュー閉じる

もちはどうして焼くとふくらむの

もちはどうして焼くとふくらむの

もちは、もち米から作られますが、中の成分は、おもにでんぷんからできています。このもちを焼くと、でんぷんがもちの中にある水分をふくんで、ねばりのあるやわらかいものになります。

そして、これがのびて、ちょうどゴムのような感じになるのです。
また、もちの中の水分は、火で温められることによって、水蒸気(すいじょうき)となります。すると体積がふえ、この水蒸気が、もちを風船のようにふくらませるのです。

PAGETOP