メニュー閉じる

野菜と果物のちがいは何、どうやって見分けるの

野菜と果物のちがいは何、どうやって見分けるの

野菜の仲間として、ホウレンソウ、ニンジン、ダイコン、ネギ、ナス、カボチャなどがありますが、これらの野菜は、葉や茎(くき)であったり、根であったり、実であったりと、どれもみな芽(め)が出てから何か月かでかれてしまうものです。

つまり、草のなかまといえます。
では、果物はどうでしょう。リンゴ、ミカン、サクランボ、ビワ、ブドウ、カキ。これらの果物はほとんどが木になる実です。ところが、スイカやイチゴなどは、草になる実なので、果物なのか、それとも野菜なのか、よく問題になります。しかし、結論(けつろん)からいうと、スイカやイチゴはどうやら果物の仲間のようです。
野菜や果物をあつかう市場の人にきいたところ、野菜というのは、ごはんのおかずとして食べるもの、果物は、おやつやデザートとして食べるものとして分けているとのことでした。
つまり、野菜と果物は、植物の種類や栽培(さいばい)の方法などで正確に分類されているものではないのです。結局、野菜なのか、果物なのかはどちらでもあまり問題はないということです。

PAGETOP