メニュー閉じる

ラーメンはどうしてのびるの

ラーメンはどうしてのびるの

ラーメンのめんがのびるのは、めんがおつゆをすいこんでしまうからです。小麦粉(こむぎこ)をねってつくられためんには、水をすいこむ性質があります。

したがって、めんとおつゆをいっしょにしておいておくと、時間がたつにつれて、めんはおつゆをすって、しまいにはおつゆがなくなってしまうのです。こうなるとめんもくっついてだんごのようになってしまいますから、まずくて食べられなくなってしまいます。
ラーメンは、一度のびてしまうと元にもどす方法はありませんが、のびるのを防(ふせ)ぐ方法はあります。それは、おつゆをかけないでおけばいいのです。おつゆとめんを別々にしておけば、少しは長持ちします。しかし、ラーメンはできたてをすぐに食べるのが何といっても一番です。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP