リンゴを切っておいておくとどうして色がかわるの

リンゴを切っておいておくとどうして色がかわるの

皮をむいたリンゴを、そのまま置いておくと、茶色くなってしまいます。これは、リンゴの中に、空気中の酸素(さんそ)と結びつくと色を変化させる酵素(こうそ)というものがふくまれているからです。

このように、ものが酸素と結びつくことを酸化(さんか)といいます。
色が変わらないようにするためには、むいたリンゴの表面が酸素にふれないようにすればいいわけです。そのためによく家庭で行っているのが、リンゴを塩水につけるという方法です。一度塩水につけると、リンゴの表面に塩水のまくができるので、酵素が酸素と結びつきにくくなり、色も変わりにくくなります。
リンゴのほかに、モモ、ナシ、バナナなどもむいたままにしておくと、酸化して色が変わってしまいます。しかし、バナナを塩水につけるとおいしくなくなりますから、塩水につけるわけにはいきません。この場合は、レモンの汁(しる)をつけるのがいいでしょう。レモンにふくまれているビタミンCは、酸化を防(ふせ)ぐはたらきがあるからです。

PAGETOP