どうして秋休みだけないの

どうして秋休みだけないの

たしかに春、夏、秋、冬の4つの季節の中で、秋だけに学校の休みがありません。これでは不公平だと思うのも当然です。

しかし、学校の休みは何のためにあるのかということを考えてみてください。まず春休み。日本の学校は4月から始まります。その前の3月は、新入生をむかえる準備をしたり、入学試験(にゅうがくしけん)のある学校では試験を行なったり、そしてその採点をしたりと、学校の先生にとってはとてもいそがしい時期です。したがって、その間学校は休みになるというわけです。
次に冬休みです。これはお正月の時期にあたります。お正月には新しい年をみんなで祝うという習慣(しゅうかん)が昔からあります。この時期は学校だけでなく全国的に休みとなります。それで冬休みがあるのです。
夏休みは、暑い夏の時期、無理に勉強をしてもあまりはかどらないから休みにしようということで休みとしたのです。つまり、学校の長い休みには、このようにそれぞれ理由があって決められているのです。
では、秋はどうでしょう。秋は一年中で一番気持ちのいい季節です。暑くもなく寒くもなく、とてもすごしやすい季節です。勉強するのに一年で一番適している季節といえます。そんないい季節にわざわざ学校を休みにする理由はどこにもありません。
たしかに、学校が大好きで仕方がない人は別として、もっと休みがほしいと思っている人が多いことでしょう。しかし、それはぜいたくなことかもしれません。働いているお父さんやお母さんは、最近は休みが増えたといっても、1週間の夏休みを取るだけでも苦労しているのですから。

PAGETOP