メニュー閉じる

どうしていぬ年はあるのにねこ年はないの

どうしていぬ年はあるのにねこ年はないの

これには有名な昔話があります。ここでちょっとしょうかいしておきましょう。
むかしむかしあるところに神様が住んでいました。神様は、そこにすんでいる動物たちに、1月1日にあいさつに来るように言いました。

なんでも、その日最初にあいさつに来た動物から12番目に来た動物までを、年の動物にしてくださると言うことなのです。これを聞いた動物たちは、何とか年の動物になろうとしてはりきってでかけました。ところが、ネコはうっかりして、いつ神様のところに行けばいいのかをわすれてしまったのです。こまったネコは、ネズミの所に聞きにいきました。
ところが、ネズミは意地悪をして、ネコに1日おそい日を教えたのです。1月1日になって、ネズミは神様のところに1番乗りでした。ところが、ネズミにだまされて、次の日にやってきたネコは、12番目までの動物になれなかったのです。このことがあってから、ネコとネズミは仲が悪くなってしまいました。
このようなお話です。しかし、これはあくまでもつくり話であって、これが本当の理由というわけではありません。
では、本当の理由は何か。残念ながら、これがはっきりとわかっていないのです。十二支というものが作られたのは、大昔の中国でのことです。もちろん大昔の中国にネコがいなかったわけではありません。それどころか、ネコは中国でも非常に身近な生き物でした。そんなネコがなぜ十二支のなかに入っていないのか、本当になぞなのです。
昔の人も、理由がわからなかったために、このようなお話を考えたのではないでしょうか。

PAGETOP