どうしてクリスマスがあるの

どうしてクリスマスがあるの

クリスマスというのは、本来、キリスト教という宗教(しゅうきょう)を信じている人たちだけのお祭りです。キリスト教とは、イエス・キリストという人が始めた宗教です。

この宗教を信じている人は、非常に多く、世界中に10億人以上もいると言われています。
キリスト教を信じている人は、アメリカやヨーロッパで多く、どちらかというと日本はそれほど多い国ではありません。
クリスマスは、このキリスト教を始めたイエス・キリストの誕生日(たんじょうび)なのです。イエス・キリストが生まれたのは、今から2000年近くも前のことですが、キリスト教を信じている人は、今でもクリスマスをして毎年イエス・キリストの誕生日をお祝いしているのです。
つまり、クリスマスというのは、本当はキリスト教を信じていない人には全く関係のないお祭りなわけです。
しかし、日本人は、お祭りが大好きです。イエス・キリストなどと全然関係がなくても、いつのまにかみんながクリスマスのお祝いをするようになってしまったのです。
しかし、お祝いといっても日本のお祝いの仕方は、ほかとはかなりちがってしまったようです。キリスト教を信じている人たちのクリスマスは、教会に出かけておいのりをしたり、家の中で家族そろって食事をしたりと、わりと地味なものなのです。

PAGETOP