外国(アメリカ)と日本ではどうして言葉がちがうの

外国(アメリカ)と日本ではどうして言葉がちがうの

世界中どこの言葉もそうですが、言葉というのは、だれかがある時発明したものではありません。言葉というのは、とても長い間に、何となくできた、というのが本当のようです。

世界中どこの言葉もそうですが、言葉というのは、だれかがある時発明したものではありません。言葉というのは、とても長い間に、何となくできた、というのが本当のようです。
たとえば、大昔あるところに人間が集まって住んでいたとします。そこに住んでいた人たちの間には、そこの人たちだけに通じる合図のようなものがありました。自分たちだけに通じる合図であり、よそから来た人には何の合図なのか全くわからないものだったのです。この合図のようなものが、長い間にしだいに言葉になってきたのです。
したがって、言葉は、世界各地で、そこの地方にしか通じないものがいくつもできてしまったというわけです。
日本語は、日本の中では通じても、すぐとなりの国の韓国(かんこく)では、もう全く通じません。韓国でも、となりの国の中国とは全然ちがう言葉を話します。
このように、住むところがちがうと、ちがう言葉ができてくるのです。アメリカと日本は遠く離れています。全く言葉がちがうのは当たり前のことなのです。

PAGETOP