外国(アメリカ)と日本ではどうして時間がちがうの,どうして時差があるの

外国(アメリカ)と日本ではどうして時間がちがうの,どうして時差があるの

これは、簡単(かんたん)に考えればいいのです。地球は丸く、回転しています。したがって、太陽の光が当たる所と当たらない所が必ずでてくるのです。太陽の光の当たる所が昼で、当たらない所は夜になります。

これは、簡単(かんたん)に考えればいいのです。地球は丸く、回転しています。したがって、太陽の光が当たる所と当たらない所が必ずでてくるのです。太陽の光の当たる所が昼で、当たらない所は夜になります。
つまり、地球の、ある場所が昼ならば、その裏側(うらがわ)は必ず夜ということになるわけです。日本とアメリカもだいたいこの表と裏の関係です。日本が昼のときはアメリカは夜。日本が夜のときはアメリカは昼なのです。このように、アメリカや他の外国と日本との間に時差があるのは、地球が丸くて、回転していることが原因(げんいん)です。
逆に、時差がなく、世界中どこでも同じ時間だとすると、どういうことになるかを考えてみてください。
もし、時差がなかったら、どこかの国の時間を世界共通としなければなりません。たとえば、アメリカを基準(きじゅん)にしたとします。すると、アメリカの国だけは、朝は7時に起きて、お昼は12時という時間設定が可能です。ところが日本はそうはいきません。
日本とアメリカはおよそ14時間の時差があるために、アメリカのお昼の12時は、なんと夜中の2時になるのです。世界中の国がアメリカの昼食時間にお昼を食べるとすると、日本では夜中の2時に食べなければならないのです。
これでは大変です。そこで、時差というものを決めたわけです。時差があるために、世界のどこの国でも、お昼は12時に食べることができるというわけなのです。

PAGETOP