時間はどうやって決められたの

時間はどうやって決められたの

私たちは時間とともに生きています。ふだん言っている、1時間、2時間というこの時間は、いったい何を基準(きじゅん)にしているのかを考えてみましょう。

私たちは時間とともに生きています。ふだん言っている、1時間、2時間というこの時間は、いったい何を基準(きじゅん)にしているのかを考えてみましょう。
時間は、地球の回転、くわしく言うと地球の自転を基準(きじゅん)にして決められたものです。地球は回転します。このとき1回転するのにかかる時間があります。この時間をまず1日と決めます。
時計のない大昔の人は、1日の時間をはかるために星を使いました。ある星が全く同じ所にふたたびやってくるまでの時間をまず1日と決めたのです。
これをなぜ1日と決めたかは、それが一番自然であったからとしか言いようがありません。なぜなら、その星が2回まわる時間を1日と決めるより、1回まわる時間を1日とする方が自然だからです。
1日の時間が決まると、次はその時間をいくつに分けるかが問題になります。現在はこの1日の時間は、24に分けられています。これも大昔に決められたことで、このときなぜ24というはんぱな数字にしたのかというのにも理由があるのです。
この24という数字は、12を2倍した数字です。24の意味を知るためには、まず12という数字の意味を知らなければなりません。大昔、人間は月を見てカレンダーを作りました。月は満ち欠けをして、30日ほどでもとにもどります。つまり、1か月が約30日というのは、月を見てカレンダーを作った大昔の人の考えが残っているからなのです。
ところで、約30日で満ち欠けをくり返す月が、この満ち欠けを12回くり返すと、今度は1年になるのです。大昔の人はこのことをちゃんと知っていました。したがって、ものごとの区切りとして、12という数は非常に重要だったわけです。
そして、時こくを決める際、つまり1日をいくつに分けるかというときに、この12という数字を使ったのです。大昔、メソポタミアに住んでいた人たちが、1日を12時間に分けたのはこの理由だったのです。
ところが、エジプトに住んでいた人たちは、1日を夜と昼に分けて、それぞれを12に分ける方法をとりました。すると、昼は12時間、夜は12時間で、1日は合計24時間になるのです。

PAGETOP