メニュー閉じる

どうして正月にはおもちを食べるの

どうして正月にはおもちを食べるの

これはとてもむずかしい問題です。なぜなら、これは何百年も前から日本にあった習慣(しゅうかん)でありながら、なぜそうするようになったのかについての記録がないからです。

これはとてもむずかしい問題です。なぜなら、これは何百年も前から日本にあった習慣(しゅうかん)でありながら、なぜそうするようになったのかについての記録がないからです。
したがって、これはあくまでも想像(そうぞう)ですが、ひとつの説をしょうかいしておきましょう。
大昔の日本人は、正月には神様がやってくると信じていました。大晦日(おおみそか)の日には、あしたやってくる神様のために、おもちや野菜、魚、鳥などをそなえることをしたのです。そのそなえたものを、翌日(よくじつ)つまり1月1日にいっしょににて食べたというのがおぞうにのはじまりのようです。
神様にそなえたものを食べるというのは、神様と同じ物を食べて、その力を分けてもらい、一年間幸せにすごそうという意味があるといわれています。
また、このおそなえもののなかに、なぜおもちが入っているかについても正直なところまだ良くわかっていません。しかし、昔は今のように食べ物が豊富ではありませんでした。食べ物というのはそれが何であれ、かなり大切なものだったようです。そのなかでも米から作るおもちは日本人にとっては特に大切なものだったのでしょう。特に大切なものを神様におそなえして、それを後で食べたのだろうといわれています。

PAGETOP