メニュー閉じる

どうしてすもうのまえに塩をまくの

どうしてすもうのまえに塩をまくの

日本人は、昔から塩にはものを清める働きがあると信じてきました。したがって、力士が塩をまくのは、土俵(どひょう)を清めるという意味があるのです。

つまり、これから戦う土俵を清めるために塩をまくというわけです。
ところで、すもうの場合、土俵にあがってすもうを取ってから帰るまでに、じつにいろいろなことをしています。あの塩だけではなく、そのほかの動作のひとつひとつにも意味があるのです。
たとえば、ひしゃくで水をくんで口をすすぎます。あれは「ちからみず」といわれるもので、自分の体を清める意味があります。
土俵で行う「しこ」。しこをふむというのは、地下にいる悪者をふみつぶすという意味なのです。
また、しゃがんでぱんと手をたたいてから手を広げる動作があります。これは手に何も武器を持っていないことを相手にしめすということなのです。
すもうは、日本に昔からあるスポーツで、長い歴史があります。小さなしぐさのひとつにもちゃんと意味があるようです。ここでしょうかいした以外にも、まだまだたくさんひみつがあります。そういったことを知ってすもうを見ると、すもうがもっとおもしろくなりますよ。

PAGETOP