メニュー閉じる

1999年に地球がほろびるって本当

1999年に地球がほろびるって本当

まず最初に、地球は絶対に爆発(ばくはつ)することはありません。これは絶対にまちがいありません。なぜ爆発することがないかについては、科学的に説明することが十分に可能です。しかし説明すると長くなるので、今回は省略(しょうりゃく)します。

とにかく、地球が爆発することは絶対にないのです。
では次に、地球がほろびるかどうかです。1999年に人間がほろびるというのは、ノストラダムスの大予言のことでしょう。これは今から400年以上も前、フランスに住むノストラダムスという人が、1999年に人類はほろびると予言したという話です。
もしみなさんが、ノストラダムスの予言のことを知っているとしても、実際ノストラダムスが書いた予言そのものを読んだことはないはずです。ノストラダムスの予言というのは、実は「詩」になっています。この詩というのが、とてもわかりにくい詩なのです。たとえば、1999年のことを予言した詩は、だいたい以下のような内容です。

1999年の7の月
天からおどろくほど強力な大王がやってきて
アンゴルモアの大王をよみがえらせる
その前後、火星はほどよく支配するだろう

何のこと言っているのかわかりますか?
つまり、ノストラダムスの大予言というのは、この詩の意味をいろいろな人が解釈(かいしゃく)して、1999年に人類がほろびると言っているわけなのです。しかし、この詩を読んだだけでは、とてもそのようになるとは思えないのですが……。
この詩を読んで、1999年に人間がほろびると思った人は、そう思えばいいでしょう。また、絶対にそうは思わないという人は、こんな予言は気にしなければいいのです。予言とはそういうものではないでしょうか。

PAGETOP