もうすぐ地球がばく発するって本当

もうすぐ地球がばく発するって本当

まず、地球が爆発するものかどうかを考えてみましょう。地球というのは、ほとんどが石でできています。たとえば道ばたにごろごろころがっているかたい石、このようなかたい石のかたまりだと思えばいいのです。

まず、地球が爆発するものかどうかを考えてみましょう。地球というのは、ほとんどが石でできています。たとえば道ばたにごろごろころがっているかたい石、このようなかたい石のかたまりだと思えばいいのです。
そして、地球のまんなか部分は金属でできています。つまり、地球は金属と石でできているというわけです。こんな地球が爆発する可能性はあるでしょうか?道ばたにある石が突然(とつぜん)爆発したり、鉄の金属が爆発したという話は聞いたことがありません。つまり、石や鉄はふつうは絶対に爆発はしないものなのです。したがって、石や鉄からできている地球が爆発することもないと考えていいのです。
では、つぎに地球がなくなるかどうかについて考えてみましょう。地球がなくなるというのはどういうことなのでしょう。ある日突然地球が宇宙から消えてなくなることでしょうか?地球は46億年以上も前から宇宙に存在しています。この先も永遠に宇宙にあるはずで、急に消えてなくなるとは考えられませんね。
しかし、実をいうと、宇宙から地球がなくなる日がやがてやってくるのです。この先、太陽はどんどん大きくなり地球を飲みこむほど大きくなります。こうなると地球は太陽に燃やされて宇宙から消えてなくなるのです。もちろん地球上に住んでいる動物もすべて死んでしまいます。
しかし、だからといっておどろかないで下さい。こんなことがおきるのは、50億年も先の話です。確かに、50億年後には地球は太陽に飲みこまれてなくなります。しかし50億年先の話は、現在生きている私たちには関係のないことです。したがって、「もうすぐ地球がなくなるのだろうか」といった心配は必要ありません。
ただし、人間が地球にいつまでも住んでいることが可能かどうかはわかりません。現在、地球の人口は増加し続けており、地球をよごしているのです。こんな状態(じょうたい)がいつまでも続くと、そのうち地球には人間が住めなくなってしまうかもしれません。
今私たちは、地球がなくなることよりも、これ以上の環境(かんきょう)悪化をふせぐためにはどうすればいいかを、真剣(しんけん)に考えなければならないのです。

PAGETOP