どうしてものには名前があるの,いつごろだれがどうやって決めたの

どうしてものには名前があるの,いつごろだれがどうやって決めたの

いろいろなものの中で、今まで世の中になかった新しいものを発明したときのことを考えてください。発明したものは、今までだれも見たことも使ったこともないものです。当然名前もありません。

いろいろなものの中で、今まで世の中になかった新しいものを発明したときのことを考えてください。発明したものは、今までだれも見たことも使ったこともないものです。当然名前もありません。こんなときは、発明した人がその名前をつける権利(けんり)があるのはわかりますね。
ところが、世の中にあるものは、新しく発明されたものばかりではありません。昔からあるものや、人間が地球に現れる前から存在しているものもたくさんあるのです。したがって、それらのものは、いつだれがどのように名前をつけたのかということが全くわからないのです。
たとえば、「花はなぜ花というのか」ということを本当に調べるためには、日本語のなかで、いつごろから花のことを花とよんでいたかということを調べなければなりません。ひとつひとつの言葉について、この作業をするのはなかなかできることではありません。そのために、それぞれの物がどうしてそうよばれるのかを、簡単(かんたん)に答えることができないのです。
ただし、ある物の名前の由来(ゆらい)を調べるのは、このように大変でもおもしろい問題であることは確かです。もし興味(きょうみ)と時間があればこれについて研究をしてみるのもおもしろいかもしれません。

PAGETOP