メニュー閉じる

人魚は本当にいるの

人魚は本当にいるの

死体を処理(しょり)する方法としてミイラというものがあります。世界には人魚のミイラがいくつも残されているのです。

死体を処理(しょり)する方法としてミイラというものがあります。世界には人魚のミイラがいくつも残されているのです。
「では、やはり人魚は本当にいたのだ!」とだれでも思うでしょう。しかし、世界各地に残された人魚のミイラをレントゲンなどで調べてみると、これらすべてがにせ物であることがわかりました。ほとんどがサルと大きな魚を組み合せて作ったミイラだったのです。つまり、人魚は人間が考えた生き物で、実際には存在しないものなのです。しかし、体の半分が人間で、あと半分が魚である人魚というのは、かなり昔から世界のいろいろな国の人たちが想像(そうぞう)していました。世界で一番古い人魚の人形というのは、今から2700年近くも昔のものとされています。このほかにも、こういった動物の伝説は、中国や日本にもたくさんあるのです。住んでいるところや言葉がちがっていても、人間は同じようなことを考えるものなのですね。

PAGETOP