メニュー閉じる

火の玉は本当にあるの、正体は何

火の玉は本当にあるの、正体は何

火の玉というのは本当に存在するのです。しかし、昔からいわれているような、死んだ人のたましいが光っているものとはちがいます。このことは、ようやく最近になってわかってきたことです。最近では、火の玉を実験で作ることに成功した大学の先生もいます。

火の玉は、プラズマという一種の電気のようなものが原因(げんいん)で発生します。この火の玉は、ぼんやり光ったり、ゆらゆらと動いたりするもので、めったに起こる現象(げんしょう)ではないようです。火の玉というのは、雷(かみなり)のように、自然の中で起きる電気のいたずらであると考えられ、おばけやゆうれいとは何の関係もないものなのです。

PAGETOP