メニュー閉じる

どうして勉強しなければいけないの

どうして勉強しなければいけないの

たしかに勉強なんてなくなったらどんなに楽しいだろうと思いますね。実際に勉強を義務(ぎむ)づけられている小学生や中学生のときは、だれもがそう思うでしょう。

しかし、ここで、もし今まで一度も勉強しなかったとしたらどうなっているかを考えてみましょう。おそらく言葉はなんとかしゃべれるでしょう。しかし、算数がまるでわからないと、買い物などでこまるはずです。また、社会を勉強をしていないと、どこで何を売っているのかもわからないですね。字が読めないと、知りたいことを本で調べることもできません。
何も勉強しないと、このように毎日の生活で非常にこまることが起きてしまうのです。小学生ならば、これから何十年も、社会の中で生きていくことになります。そして、大人になれば仕事もしなければなりません。そのときのためにも、今から少しずつ勉強しておくことが必要です。テストでいい点数をとるために勉強するのではありません。あなた自身がこれから生きていくために必要だから勉強をするのです。

PAGETOP