メニュー閉じる

どうしてほこりはでるの

どうしてほこりはでるの

ほこりの正体は、顕微鏡で見てみるとかんたんにわかります。今度、もし顕微鏡を見ることがあったなら、ぜひほこりを観察してみてください。

簡単にいえば、ほこりとは身の回りにあるあらゆるものの小さなかけらなのです。
たとえば、洋服のかけらがあります。洋服のかけらといっても布きれのことではありません。布を作っている糸のかけらのことです。ほとんどの糸は、非常に細い糸を何本もたばねて作ってあります。ほこりは、その細い糸の一部がとれてしまったものなのです。また、「わたぼこり」といった言葉があるように、ワタからも糸と同じようにたくさんのほこりがでてきます。
もうひとつ、ほこりになりやすいものに砂があります。わたぼこりと同じように、砂にも「すなぼこり」という言葉があります。公園の砂場などの砂は、まだまだつぶが大きいものが多く「すなぼこり」は比較的少ないようです。しかし、砂のつぶがくだけて、風で簡単に飛んでしまうくらい小さくなるものもあります。これを「すなぼこり」といっています。
さまざまなものの小さな小さなかけらは、風にのってふわふわと空気中をただよいます。人間の目にはあまりにも小さいためにはっきり見ることはできません。しかし、私たちが、たった今すいこんでいる空気中にも、小さなほこりは混じっているのです。
この空気中をただようほこりは、非常に小さくて軽いものではあっても、やはり重さはあります。したがって、ほかのものと同じように地球の引力に引きつけられています。ふわふわとただよっていても、そのうち下に落ちてくるのはそういった理由です。そしてゆかやつくえの上にほこりとしてたまるのです。
つまり、ほこりは、空気があるところには必ず存在するものなのです。したがって、いくらそうじしてもほこりはたまってしまうのです。

PAGETOP